IIJmioを3年使っている私が真実を語ろう。月額2000円に抑える方法。

IIJmioで月額2000円




どーもー!IIJmioを3年間利用している管理人のてつ@sdblog35です。

IIJmioを3年ほど使っていますが、特に問題なく使えています。

と言ってしまったらこの記事を書く意味なんてありませんよね。

人によって感じることや気になることって違いますし、その人の環境によっては評判の良い格安SIM会社でも、いざ使ってみたら自分には合わなかった、なんてことも。

また、新規契約でもMNPでも契約には時間もかかりますし、費用だってかかります。できるだけ「使ってみなきゃ分からない」という博打はしたくないものです。

ということで今回はIIJmioを実際に3年間使った私が、IIJmioの真実を述べたいと思います。

また、月額2,000円の内訳や契約プランもご紹介するので、IIJmioが気になる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

IIJmioのメリットと感じたところ

まずは、IIJmioを使っていて感じたメリットをご紹介しましょう。

月額料金が安い

私が実際に契約しているプランはミニマムスタートプランです。

月額1,600円で音声通話とデータ3GBが付いてこの値段です。大手キャリアと比べると安いですよね。格安SIM会社の中ではちょうど中間の値段です。

実際に私が支払っている過去1年間の料金はというと、

ミニマムスタートプラン(音声通話+データ3GB)
2018年03月1,998円
2018年04月2,042円
2018年05月1,662円
2018年06月1,652円
2018年07月1,732円
2018年08月2,032円
2018年09月1,772円
2018年10月1,602円
2018年11月1,602円
2018年12月1,662円
2019年01月2,018円
2019年02月1,972円
計 21,746

※税抜き価格

おぉ!改めて計算しましたが、自分が一番驚いています笑

年額21,746円しか支払っていないという事実。安いなぁ。

ちなみに3年使っていますが、1年目からこの値段です。

そして、黄色で塗りつぶした1,602円は一度も音声通話を利用していない、要は自分から電話を一度もかけていない月ですね。

電話を自分からかけなければ1,602円で済みますし、電話をしても2,042円が最大の支払い金額です(2018年04月)。

通話回数は人それぞれですが私の場合はLINE通話が主なので、通常の電話はほとんどしません。電話をかけるといったら、病院や子どもが通っている小学校・幼稚園しかありません。

このように、電話をかける頻度が少ない人はものすごく安くなるんですね。

あ、もちろん電話をかける時はIIJmioの専用アプリ(みおぽんダイヤル)から発信してますよ。そうじゃないと20円/30秒という高額な値段になっちゃいますからね。
※みおぽんダイヤルアプリを使えば10円/30秒

IIJmioクーポンスイッチアプリが神アプリ

スマホのデータ量を節約できる!IIJmioクーポンスイッチアプリ(みおぽん)のススメでも書いてますが、まぁ凄いですよこのアプリは。

最近のAMP化といいFeedlyといい、このアプリはかなり相性が良いと思います。

IIJmioではクーポンスイッチアプリという専用アプリがあって、このクーポンスイッチアプリを簡単に言うと、高速通信と低速通信を自分で切り替えれるアプリです。詳しく知りたい方は上記の記事を見てくださいね。

大手キャリアや他の格安SIM会社のほとんどが、月のデータ使用量が上限を超えると低速通信に変わりますが、IIJmioは自分のスマホにインストールしたアプリから、高速通信と低速通信を自由に切り替えることができるんですね。

その低速通信時にFeedlyを使ってWebサイトやブログを見るようにしています。

低速通信になるとWebサイトやブログの表示が遅くなって見れないじゃん、と思う方は多いと思います。

でも違うんです。

FeedlyはAMP対応しているので、低速通信中でもテキストが多いWebサイトはサクサク読み込めるんです。もちろん電波状況によっては読み込みに多少の時間はかかりますが、イライラするほど待つなんてことはありません。

さらに、次に紹介するバースト転送が相まって読み込みスピードが早いんです。

バースト転送が嬉しい

バースト転送
低速時でも最初の一瞬だけを高速通信してくれる機能

そうなんです。

低速通信中でも、Webサイトの一番最初だけ高速通信してくれるんですよ。

画像が多いサイトはどうしても読み込みが遅くなってしまいがちですよね。でもこの機能のおかげで低速通信時でも高速通信時とほとんど変わらないスピードで読み込んでくれちゃう。

あ、もちろんInstagramとかYouTubeは厳しいですよ。でも、TwitterのタイムラインとかFacebookとか、テキストがメインのSNSやブログは大丈夫です。

使い所をキチンと分ければ月に使うデータ量も節約できますし、ストレス無く通信できます。

自宅の光回線を「IIJmioひかり」とセットにするともっとお得

携帯電話の料金とは違いますが、IIJmioは自社サービスとして「IIJmioひかり」という光回線も提供しています。

このIIJmioひかりは、IIJmioでスマホのSIM契約をしていると、IIJmioひかりの基本料金から500円を割り引いてくれます。

実際にうちの光回線の料金とスマホの料金を合わせると、

ミニマムスタートプラン1,602円
IIJmioひかり(マンションタイプ)3,960円
割引(mio割引プラン)-600円
計 4,962円(税抜き)

月額4,962円(税抜き)。やっす笑

いやー、安いですね。思っていたよりずっと安い。

光回線も意外と馬鹿になりませんよね。スマホと光回線を5,000円で利用できるのは本当に嬉しい。

IIJmioのデメリットと感じたところ

お次はデメリットです。

正直言うと、ここでご紹介するデメリットが1つでも当てはまる方は、IIJmioではなく別のキャリアをおすすめします。いや、別にIIJmioだけをおすすめしているわけではありませんが、格安SIMというくくりで考えると、大手キャリアのほうが使っていてストレスがなかったり、使い方の工夫をしなくてすんだり、あまり深く考えずに簡単に使えたりするので。

と言っても、この記事を読んでいるということは少なくてもIIJmioが気になっていると思うので、以下でご紹介する項目は頭の中に入れといたほうがいいでしょう。

通信スピードが遅い時がある

格安SIMは通信スピードが遅い時間帯があると聞いたことあると思いますが、IIJmioも例外ではありません。

私が感じたのは、人が多い場所とアクセスが多い時間帯は、やはり遅く感じることがありました。

具体的に言うと、人が集中する場所(駅・空港・ショッピングモールなど)、そして平日の朝8時前後と19前後です。

朝8時は通勤時、19時は帰宅時ですよね。ちょうどこの時間帯の駅前などは混雑するので通信が遅くなってしまいます。

と言っても、LINEやLINE通話などは普通にできます。画像が多いWebサイトやInstagramは厳しいですね。場所にもよりますが。

上記の時間帯は、ほとんどの格安SIMは遅くなると思ってOKです。もちろん例外はありますが、過度の期待は禁物です。

メリットでご紹介したバースト転送や公式アプリを上手に使えばそこまでストレスはないと私は思います。

自分でスマホを用意し契約する必要がある

格安SIMは基本的にスマホを自分で用意し、契約もWebや電話でする必要があります。

IIJmioはサポートもしっかりしていますが、「格安SIMって何?」「MNPって何?」「スマホを自分で用意するってどういうこと?」という疑問を持っている方には少しハードルが高いと思います。

実際にやることは難しいことではないのですが、横文字や初めて聞く文言が多いので、ここで挫折する人が多くいるようです。

私もIIJmioに乗り換える時は、自分が納得するまで調べて勉強しました。おかげで、ある程度の知識が身につき、結果的に通信費を節約することができました。

何でも安く抑えたいと思うのであれば、ある程度の努力は必要なのかもしれません。

自宅のWi-Fiは必須

YouTubeやNetflixなどの動画サイト、そして画像が多いWebサイトやInstagramを外で見ないということは、自宅で見る機会が必然的に多くなります。

そうなると、今度は自宅の通信環境を用意しなければいけません。「格安SIMって何?」状態だと自宅のWi-Fi環境を用意するのも大変でしょう。

自宅ではパソコンしか使わないなら大丈夫ですが、スマホのほうが仕様頻度が高い、すぐに使えるから利便性が高い、という方も多いと思います。

そうすると、スマホには有線LANケーブルを接続することができないので、無線ルーターが必要になってきます。このあたりの設定も必要になってくるので、ある程度の知識が無いと難しいでしょう。(ちょっと調べれば分かるレベルです)

でも、上記で触れた通り、そこまで難しいことではないので、ちょっとした努力(勉強や調査)をすれば、すぐにできると思います。

まとめ

周りからは「嘘でしょ?」「ポケットWi-Fi持ってるの?」とか「ガラケー?」って聞かれます。

使っているスマホはiPhoneXR 128GBです(AppleStoreで一括購入)。

最新のスマホを持っていても月額2,000円に抑えれるのは、ものすごい魅力ですよね。

その方法は、

月額2,000円にする方法

  1. IIJmioのミニマムスタートプランを契約
  2. 通話はLINEやSNSのアプリを使う
  3. 外ではテキストが主なサイトを見る(Feedlyを活用)
  4. スマホは自分で用意する
  5. 自宅ではWi-Fiを利用する

調べてみると意外と簡単ですし、何より今の通信費がぐんっと下がるので検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







IIJmioで月額2000円

ブロガー専用テーマ 「STORK」






当ブログも使っているオススメのWordPressテーマです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です