【画像有り】Lenovo G570のHDDをSSDに交換した手順を解説。

ども、てつ@sdblog35です!

LenovoのG570をSSDに換装(交換)したので、今回はその手順を詳しく解説します。
SSDを換装したことにより、PCの起動もWebブラウザの起動も爆速になり、ストレスが一切無くなりました!
いやー、ほんとにSSDって最高です。もうHDDには戻れません。

可能であればPCのストレージ構成は、HDDはデータ保存用、SSDはシステム用が理想ですね。ノートPCだとこの構成は難しいですが、デスクトップPCは最適解な気がする。
そしてHDDはRAIDにできたら最高。っと、本題からずれるところだった。

まずは、G570のスペックです。

OS:Windows7 Home 64bit
CPU:Celeron B800
メモリ:2GB

今更ですがこんなスペックだったとは。そりゃあ遅いわ。

そして、ベンチマークソフトはおなじみの「CrystalDiskMark」です。
左側がHDD、右側がSSDの実測値です。
SSDがどれだけ早いか分かりますよね。

では早速SSD交換手順をご紹介します。
以下は自己責任でお願いします。

準備するもの

SSDに換装する際に必要な道具がいくつかあります。

必要な道具

  • SSD
  • SATA変換USBケーブル
  • プラスドライバー
  • クローニングソフト(EaseUS Todo Backup)

SSD

今回使用したSSDは、ADATAの256GBです。

元のHDDが256GBなので、SSDは256GB以上の容量が必要です。
クローン元のHDDよりクローン先のSSDの容量が少なくてもクローニングは可能ですが、容量の確認など面倒なのでSSDの容量はHDDと同じもしくはそれ以上のSSDを用意することをお勧めします。

SATA変換USBケーブル

 

そしてSATA変換USBケーブル。

HDDをまるっとSSDにクローニングする必要があります。
今回のクローニングは、SSDをノートパソコンのUSBポートにつなげて行います。その時にこのケーブルが必要。
このSATA変換USBケーブルは、USBポートに挿すだけでSSDを認識してくれるのでお手軽です。

プラスドライバー

プラスドライバーは言うまででもありませんよね。
G570は特殊ネジが無いので通常のドライバーで問題ありません。

そして必須ではありませんが、あると便利なヘラ。
ノートパソコンの場合はデスクトップパソコンとは違い隙間がありません。
このヘラを使えばツメが簡単に外せたり、隙間に入れたりすることができます。
おすすめは厚みが違うヘラを2枚以上持っておくと、パソコン以外にも使えるので便利。
もちろんマイナスドライバーでも大丈夫。

クローニングソフト EaseUS Todo Backup

クローニングソフトはEaseUS Todo Backupを使いました。
無料で使えるのと動作が安定して使いやすいのでチョイスしました。
また、EaseUS Todo Backupはクローニング以外にもバックアップやブートディスクを作成することが可能な万能ソフト。
プロやショップが使うような機能は有料ですが、クローニングは無料で使えます。

HDD⇒SSD交換手順

まずは大まかな手順です。

  1. リカバリーディスクの作成
  2. クローニング
  3. SSDの交換

操作中に誤って必要なデータやシステムデータを削除すると後悔するので、必ずバックアップを取ってから作業にとりかかりましょう。

1.リカバリーディスクの作成

※既にリカバリーディスクを作成している方は読み飛ばしてください。

G570にデフォルトでインストールされてあるOneKey Recoveryを使いリカバリーディスクを作成します。

リカバリーディスクの作成方法は以下の記事にまとめています。

OneKey Recoveryを使ったリカバリーディスクの作り方

2017.12.19

2.クローニング

リカバリーディスクを作成したら、実際にクローニングをしていきます。

まずはクローニングソフトEaseUS Todo Backupのダウンロードとインストールです。

2-1.EaseUS Todo Backupのダウンロードとインストール

クローニングソフトのEaseUS Todo Backupを公式サイトからダウンロードします。

ダウンロードしたらウィザードに従ってインストールします。

言語を選択します。

次へをクリック。

使用許諾契約書を良く読み同意をクリック。

インストール先を指定し次へをクリック。

必要な項目にチェックを入れ次へをクリック。

個人データ保存先を指定し次へをクリック。

インストールが終わったら完了をクリックします。

2-2.クローニングの実行

続いてクローニングをするので、SATA変換USBケーブルを使いノートパソコンにSSDを接続します。

注意
SSDをパソコンに繋げた際にフォーマットする必要はありません。
繋いだSSDの操作を促される場合は×ボタンをクリックしウィンドウを閉じてください。 

接続後、EaseUS Todo Backupを起動します。

ライセンス認証画面が表示されます。
ここでは無料で利用するため、後でをクリック。

メイン画面が表示されたら、画面上部にあるメニューからクローンを選択。

クローン元を選択します。
私の環境ではハードディスク0です。ここはご自身の環境に合わせてください。
※ほとんどのノートパソコンではカスタマイズしていなければハードディスク0がクローン元(HDD)になります

注意
クローニングをするためにはハードディスク全体を選択する必要があります。
ここではハードディスク0の横にあるチェックボックスにチェックを入れればOK。
個別のドライブだけを選んではいけません。 

次はクローン先を選択します。
私の環境ではハードディスク1です。ここはご自身の環境に合わせてください。
※ほとんどのノートパソコンではカスタマイズしていなければハードディスク1がクローン先(SSD)になります

画面左下にあるバックアップオプションをクリックし、SSDに最適化にチェックを入れ次へをクリック。

クローニング後のデータを確認し問題がなければ実行をクリック。

あとはクローニングが終わるのを待ちます。

補足
クローニング時間はパソコンのスペックやデータ量によって違います。
早い場合は1時間もかからずに、遅いと5時間以上かかる場合もあるので気長に待ちましょう。 

3.SSDの交換

まずは本体裏面を確認します。
G570のバッテリーは取り外し可能タイプです。
まずは、バッテリーを外しましょう。

 

続いてネジの場所を確認。赤丸で囲んでいるのが外す必要があるネジです。

カバーはツメがかかっているので、マイナスドライバーなどで隙間を少しずつ広げながら取り外します。

続いてハードディスクを取り外します。
ハードディスクは2本のネジで固定されているので、そのネジを外します。

ハードディスクを図のようにずらせば簡単に取り外せます。

クローニングしたSSDを同じ向きで取り付けます。
あとは逆の手順でカバーなどを取り付ければ完了です。

SSDに交換するのは簡単

最後にどのぐらい起動時間が早くなったかというと、

こちらは交換前、

こちらは交換後、

一目瞭然ですよね。
しかも、起動後にブラウザを起動してもすぐに起動しちゃいます。

これであなたのパソコンも爆速です。
起動するまで時間がかかるからといって待つ必要もありません。
SSDは確実にあなたのパソコンライフを楽しくするでしょう。

スポンサーリンク







7 件のコメント

  • 初めまして。質問お願いします。
    ハードディスクが壊れていると診断されたPCでもSSDに交換することで使用出来るようになりますか?

    • HDDの故障であればパソコン本体は故障していないので、SSDに交換すれば引き続き利用が可能です。
      交換したSSDにOSがインストールされていないと思いますので、リカバリーディスクを使いリカバリーする必要があります。

  • 解答ありがとうございます。
    リカバリーディスクは購入時付属されていたCDがそれに該当するのでしょうか?

    また、それが無かった場合の入手方法はありますか?

    • リカバリーディスクは購入時に付属している場合と、購入後に自分で作る場合の2パターンがあります。購入時のディスクにリカバリー等の文言があればリカバリーディスクかと思われます。
      また、紛失した場合などはメーカーから購入することが可能なので、メーカーに問い合わせることで解決すると思います。

  • 初めまして。
    ヤフオクでOS(Windows10)とOffice2016がインストールされているSSD(単体)を
    購入したのですが、単純にHDDとSSDを交換するのみで大丈夫でしょうか?
    基礎的な質問で申し訳ありません。

    • さとし様
      コメントありがとうございます。
      ライセンスに問題が無ければ使えると思います。
      おそらくライセンス認証が必要になってくると思うので、SSD換装後に認証手続きが必要になるかと思います。
      また、元のHDDのデータなど必要に応じてバックアップすることをおすすめします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です