OneKey Recoveryを使ったリカバリーディスクの作り方

LenovoのOneKey Recoveryを使ったリカバリーディスクの作り方を画像付きで解説します。

このOneKey RecoveryはLenovo製品にデフォルトでインストールされているバックアップソフトです。
バックアップの他にもリカバリーディスクの作成もできます。

リカバリーディスクが付いている場合もありますが、最近はリカバリーディスクが付いていないパソコンが多く、その場合は自分でリカバリーディスクを作る必要があります。

DVDに書き込むので多少の待ち時間はあるものの、何らかの理由でパソコンが起動しない時にこのリカバリーディスクがあれば、パソコンの復旧が可能です。逆に、このリカバリーディスクを作っておかないと復旧がとても難しくなります。
もし作っていない方はこれを機に作ることをお勧めします。

では、早速リカバリーディスクを作っていきましょう。

準備するもの

  • 外付けDVDプレイヤー
  • DVD-R(3枚以上)

外付けDVDプレイヤー

G570はDVDは内蔵されていないため外付けDVDプレイヤーが必要です。もちろん書き込みが可能なプレイヤーじゃないといけません。

おすすめはBUFFALOのDVDプレイヤー。
電力供給用のBoostケーブルが付いているので、電力が足りない場合もAC電源ケーブルを使わなくてOK。
また、ブルーレイにも対応していて1万円を切るコスパの良さ。

DVD-R

そしてDVD-Rですが、私の環境では3枚使いました。環境によっては4枚以上必要になる場合もあるので、多めに用意しておくといいでしょう。

リカバリーディスクの作り方

スタートメニューからOneKey Recoveryをクリック

リカバリディスクの作成をクリック

ポップアップに従い問題無い場合はOKをクリック

今回の目的は、出荷時状態に戻すことができることなので、出荷時デフォルトリカバリディスクにチェックを入れます

外付けDVDを選択します。
私の環境ではFドライブです。
この時に必要になるDVDの枚数が表示されます。

書き込み速度は推奨速度にしましょう。

最終確認をして問題がなければ開始をクリック
※若干日本語がおかしいですが気にせずに…(電源るとって…)

ポップアップが表示されます。
問題がなければはいをクリック

途中でDVDの入れ替えが発生するので、都度入れ替えましょう。
完了したらOKをクリック

もう一度完了をクリックし、ウィザードを閉じます。

リカバリーディスクの作成は以上です。

作成したリカバリーディスクは大切に保管しておいてください。

リカバリーディスクは大事

パソコンに何かあった場合、リカバリーディスクは必要です。

もちろんデータのバックアップも大事なので、可能な場合はバックアップもするといいですね。

パソコンを購入した場合はリカバリーディスクが付属しているか確認し、無い場合は必ず作り大切に保管しておきましょう。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です