LINEをパソコンで利用する方法~Google Chrome編~

日本でのLINE利用者数が6000万人を超えましたね。

これは日本国民の52%がLINEを使用している計算になります。

さて、そんなLINEをパソコン上で利用する方法をご紹介します。

LINEは「パソコンにインストールする方法」と今回ご紹介する「GoogleChromeで利用する方法」があります。

会社のパソコンだからインストールできない、家族と共用しているパソコンだからインストールできない、でもLINEしたい!という人におすすめです。

では早速設定してみましょう♪

Chrome版LINEアプリのインストールと設定

Chromeを起動しLINE公式ダウンロードサイトにアクセスします。

「Chrome」の右側にある「ダウンロード」をクリックします。
line-googlechrome01

「CHROMEに追加」をクリックします。

line-googlechrome02

認証画面で「アプリを追加」をクリックします。

line-googlechrome03

アプリ画面が開くのでLINEアプリが追加されていれば、アプリの追加作業は完了です。

line-googlechrome04

先程の画面で追加されたLINEアプリをクリックすると、ログイン画面が表示されるので登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

line-googlechrome05

本人確認画面に表示されている6ケタの番号をスマホ側で入力します(スマホを開くと入力画面が表示されています)。

line-googlechrome06

こちらはスマホ側の入力画面。

line-googlechrome07

Chromeに戻りLINEのトーク画面が表示されていれば、ログインが完了です。

line-googlechrome08

では、引き続き簡単な設定をしていきましょう。

画面左上のLINEの文字右側にある▼矢印をクリックし、「設定」をクリックします。

line-googlechrome09

左側メニューの通知をクリックします。ここは基本的にデフォルト(全てにチェック)で問題ありません。

line-googlechrome10

続いてトークです。こちらは「Alt + Enter – メッセージを送信,Enter – 改行」にチェックを入れます。

こうすることによって、Enterキーを押して誤って送信することを防ぎます。パソコンではEnterキーを押すことが多いので、どうしても誤送信がでてきてしまいます。

line-googlechrome11

 

以上で全ての操作は完了です。

LINEでのトークを楽しみましょう♪

Chrome版LINEアプリでできることとできないこと

Chrome版はインストール版と違いとても簡易的に作られています。

そのため、できることとできないこがあります。

できること

・トーク(メッセージ)の送受信
・スマートフォン版で購入したスタンプの使用(アニメーションスタンプは止まったまま表示される)
・グループの作成
・友だち追加
・画像/ファイルの送受信
・メモ機能

できないこと

・アカウントの新規作成
・無料音声/ビデオ通話/「LINE電話」の利用
・絵文字の送受信
・タイムライン機能
・ノート/アルバム機能
・スタンプショップ/着せかえショップの利用
・公式アカウントリストの表示
・自動ログイン機能

実際に使ってみて残念だと思ったところ

・アイコンにメッセージの通知数が表示されない。

以下の画像はWindowsのメニューバーです。

line-googlechrome12

このアイコンに通知数が表示されたら、LINEを見なくてもメッセージが届いているかの確認が一瞬で終わります。

もちろん通知はONにしているので画面を見ていれば気付きますが、席を離れて戻ってきた時に再度確認が必要になります。

この技術ってWindowsに無いのかな?

まとめ

Chrome版の使用方法をご紹介しました。

とても簡易的なので設定も簡単です。

みなさんも是非使ってみてください♪

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です