Macが重いのでMojaveのクリーンインストールからTimeMachineの復元をやってみた

Mojaveクリーンインストール




Macの動きがもっさりと重かったので、Mojave(モハベ)をクリーンインストールしたら無事解決しました!

その後、TimeMachineのバックアップから復元し、動作も非常に軽くなり、現在は何事も無く快適に使えています。

PRAMクリアをするかクリーンインストールをするか迷ったのですが、一度OSをまっさらな状態にしたほうが、より良いのかなと思い、今回はクリーンインストールを選択。

実はクリーンインストールをすること自体初めてだったので、自分自身の備忘録も含めて書きたいと思います。

もし、私のようにMacの動きが重かったり遅かったりした場合は、是非参考にしてくださいね。

注意!

本手順はOSを丸っと削除し、新たにOSをインストールする方法です。

大切なデータを失わないようにするため、作業前は必ずバックアップ(TimeMachine)を取りましょう!

また、作業は自己責任のもとで実施してください。

テツ
「Mojave(モハベ)はアメリカ南西部にあるモハーヴェ砂漠が語源だよ」

スポンサーリンク

Mojaveをクリーンインストールすることになったきっかけ

実は先日、使いたいアプリがMavericksに対応していなかったので、MacBook AirのOSをMavericksからMojaveにアップグレードしたんですね。

Mojaveへのアップグレードは何事もなく完了したのですが、Macの動きがもっさりと重くなってしまったのです。

重くなったと感じたのは

  • Macの起動に時間がかかる
  • 各アプリの起動に時間がかかる
  • 文字入力時のタイムラグ

主にこの3つ。

さらに、その他に感じたのは

  • 本体底面が熱くなる
  • バッテリーの持ちが悪い

この2つ。

特にひどく感じたのは文字入力時のタイムラグです。

症状は「キーボードから入力→2〜3秒フリーズ→カーソルが動く→キーボードから入力→2〜3秒フリーズ→カーソルが動く→(以降、繰り返し…)」、入力する度に待たなきゃいけないのが苦痛でした。

本体背面も普段より熱くなるし、バッテリーの持ちも悪くなったように感じました。

原因は分かりませんが、おそらく新しいOSにアップグレードしたからでしょう。

MacOSをアップグレードした後は、動作が重くなるという報告が多数ありますからね。これもアプリを使うためだと割り切り、Mojaveのクリーンインストールをすることに決めました。

テツ
クリーンインストールは初めての経験なのでドキがムネムネしたもん!

ちなみに私が使っているMacBook AirはMid2012なので、結構古い機種です。

公式サイトを見ると、MojaveはMid2012以降の機種じゃないと対応していないということなので、アップグレード前に使っているMacがMojaveに対応しているかちゃんと確認してくださいね。

MacBook Air (11-inch, Mid 2012)
SSD128GB
CPU1.7GHzデュアルコアIntel Core i5
メモリ4GB
グラフィックIntel HD Graphics 4000

出典:Apple Inc

※作業前に必ずTimeMachineでバックアップをとりましょう!

クリーンインストール前に必要な情報をメモしておく

「バックアップをとっているから絶対安心!」といかないのがパソコン。

テツ
Macのクリーンインストールは以前使えていた状態に戻すまでがクリーンインストールです!

せっかくクリーンインストールしても、iCloudやGoogleなど普段使っているアプリにログインできない、なんてことがないようにしましょう。

クリーンインストール後に必要になる代表的な情報を以下に記載したので、IDとパスワードはメモしておきましょう!

  • Apple ID
  • 2ファクタ認証デバイス
  • 各クラウド用アカウント
  • 無線LANの場合はWi-FiのSIDとPW

なお、2ファクタ認証を使っている場合は、認証デバイスが必須です。おそらくiPhoneやiPadに設定してあると思うので、お手元に用意し作業に取りかかってください。

また、AC電源から充電しながら行いましょう。

テツ
念には念を入れてクリーンインストール前に各ID・パスワードが正しいかログインしたほうがいいですよ!

既存データの削除

TimeMachineでバックアップをとったら早速作業開始です。

まずは既存のデータを全て削除する必要があります。

電源が入っている場合はシャットダウンしておきましょう。

1.「Command+R」を押しながら電源をON

クリーンインストールする場合はリカバリーモードでMacを起動(Command+Rを押しながら電源ON)する必要があります。

2.「ディスクユーティリティ」を選択し「続ける」をクリック

macOSユーティリティ

3.左ペインから「Macintosh HD」を選択し画面上部のメニューバーから「消去」をクリック

誤って外付けHDDなどを消去しないようにMacから外していたほうが無難ですね。

4.SSDなのでフォーマットが「APFS」になっていることを確認し「消去」をクリック

ここで消去ボタンを押すとすぐに消去が始まります。バックアップとってますよね?

5.削除完了を待ちます。

6.消去が完了したら「完了」をクリック

消去は128GBのSSDで3分もかかりませんでした。おそらくindexを消しただけなのでしょう。

と言っても中身は見えない状態なので消去には変わりありません。

7.メニューバーから「ディスクユーティリティを終了」をクリック

消去が終わったらディスクユーティリティを終了。

ディスクユーティリティを終了すると、最初に表示された「macOSユーティリティ」に戻ります。

次はMojaveのクリーンインストールです。

Mojaveのクリーンインストール

データの消去が終わったので、次はMojaveのインストールです。

上記からの続きだと「macOSユーティリティ」の画面になっていると思います。

1.「macOSを再インストール」を選択し「続ける」をクリック

Mojaveインストール

2.直前まで使っていたOS(今回はMojave)であることを確認し「続ける」をクリック

macOS Mojave

3.使用許諾契約をよく読み「同意する」をクリック

4.「同意する」をクリック

使用許諾契約の確認

5.使用するSSDを選択し「インストール」をクリック

私は「Macintosh HD」ですがほとんどの方も同じだと思います。

6.インストールが終わるまで気長に待ちましょう

インストールが無事に終わるとようこそ画面が表示されます。

7.ようこそ画面にて「日本」を選択

8.キーボードを選択し「続ける」をクリック

9.Wi-Fiを選択し「続ける」をクリック

10.データとプライバシー画面で「続ける」をクリック

11.TimeMachineから復元するためここでは「今は情報を転送しない」にチェックを入れ「続ける」をクリック

12.Apple IDを入力し「続ける」をクリック

13.2ファクタ認証を設定している人は「確認コード」を入力します

2ファクタ認証

 

14.利用規約をよく読み「同意する」をクリック

14.確認画面で「同意する」をクリック

15.アカウント作成画面にて必要な情報を入力し「続ける」をクリック

16.iCloudキーチェーン画面にてチェックを入れ「続ける」をクリック

iCloudキーチェーン

私は「iCloudキーチェーンを使用」にチェックを入れました。

17.エクスプレス設定は必要に応じて設定し「続ける」をクリック

私は何もせず「続ける」をクリックしました。

18.必要な場合は「”書類”とデスクトップのファイルをiCloud Driveに保存」にチェックを入れ「続ける」をクリック

私は使っていないのでチェックを外してます。

19.Macを設定中の画面に移ります。

20.外観モードを選択し「続ける」をクリック

21.FileVaultにてディスク暗号化をしたい方はチェックを入れて「続ける」をクリック

私はFileVaultは使わないのでチェックを外しました。

FileVaultとは

FileVault(ファイルヴォールト)とは、macOSに搭載されているディスク暗号化機能である。Mac OS X v10.3で初めて搭載され、Mac OS X LionでバージョンアップされてFileVault2となった。Vaultとは英語でアーチ状の堅固な建築物を意味する。

出典:Wikipedia

22.自動で再起動しデスクトップ画面が表示されればMojaveのクリーンインストールは終了

モハーヴェ砂漠の背景が出ましたね。これでクリーンインストールは完了。

続いてTimeMachineからの復元です。

テツ
MacOSのクリーンインストールは意外と簡単!

TimeMachineからの復元(移行アシスタント)

TimeMachineからバックアップデータの復元を行います。

正確に言うと、「移行アシスタントを使ってTimeMachineで取ったデータを移行(転送)する」でしょうか。

私の場合は丸っと戻すので、外付けHDDを接続しTimeMachineから復元すればOK。

1.TimeMachineで取得したデータが入っている外付けHDDをMacに接続します

2.Finderからアプリケーションを開き「ユーティリティ」を起動します

3.「移行アシスタント.app」を起動します

4.「続ける」をクリック

5.パスワードを入力し「OK」をクリック

6.画面が暗くなり「Mac、Time Machineバックアップ、または起動ディスクから」をクリック

移行アシスタント

7.しばらく待ちます

8.戻したいバックアップデータを選択し「続ける」をクリック

9.戻す項目にチェックを入れて「続ける」をクリック

特殊なことをしていなければ基本は全てチェックを入れてOKです。

10.各ユーザーの「パスワードを設定」をクリック

11.パスワードを入力し「パスワードを設定」をクリック

このMacには妻のアカウントもあるので、そちらも入力しました。

12.パスワードを設定すると「◯(緑色)」が付くので「続ける」をクリック

13.前項(#15)で作ったアカウントのパスワードを認証する必要があるため「認証」をクリック

14.パスワードを入力し「OK」をクリック

15.パスワードを設定すると「◯(緑色)」が付くので「続ける」をクリック

16.必要な場合はApple IDとパスワードを入力し「続ける」をクリック

私はiCloudを使うため設定しました。

17.移行が開始します

18.移行完了

「終了」をクリックするとログイン画面が表示され、完了です。

私のMacでは3時間かかりました。容量が多ければ多いほど時間がかかるので、時間に余裕をもって作業しましょう。

テツ
初めてのこともありトータル5時間ほどかかりました

復元後の動作状況

復元後に動作確認を行ったところ、全部改善しました!

一番嬉しかったのは「文字入力時のタイムラグ」が無くなったこと。サクサク動きます。やっぱりMacはこうじゃなきゃ。いや、Windowsも同じか。

アプリの起動時間も戻りましたし、本体の熱もなくなったので非常に快適です。

また、クリーンインストールをする前よりもHDの容量が10GBほど軽くなりました。

これは意外なことだったので正直驚いてますが、その要因はよく分かっていません。

復活したアプリ「HyperSwitch」

個人的に嬉しかったのがHyperSwitchが復活してくれたこと。

実は、MojaveにアップグレードしてからHyperSwitchが正常に動かなくなってしまったんですね。

でも、クリーンインストールしたら正常に動いたんです。

もし、OSアップグレード後に動かない場合はクリーンインストールを試すといいかもしれません。

そして、クリーンインストール後に再ログインが必要だったアプリ/サービスは、

  • DropBox
  • Sophos

の2つ。

Chromeの再ログインが不要だったのは少し驚きでした。全部のアプリを確認したわけではないので、自分が主に使っているサービスやアプリについては、IDやPWをメモしておいたほうが良さそうですね。

まとめ

今回は、MojaveのクリーンインストールからTimeMachineの復元方法をやってみました。

最初は、クリーンインストール自体がドキドキでしたが、やってみると意外と簡単でスムーズに終わってくれてホッとしています。復元も簡単でしたし。

おかげで不具合も解消され、さらにHyperSwitchも正常に動作してくれたので、時間をかけて良かったなと思いました。

Windowsと比べMacのほうが簡単にできることを知ってしまったので、さらにMacが好きになりましたね。

せっかくアップグレードしたので、引き続き「おじいちゃんMacBook Air」を使って行きたいと思います。

あ、本当はToutch ID付きのMacBook Proが欲しいんですけどね。

以上、「Macが重いのでMojaveのクリーンインストールからTimeMachineの復元をやってみた」でした!

では、良きMacライフを♪

テツ
とても参考になりました!この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク







Mojaveクリーンインストール

ブロガー専用テーマ 「STORK」






当ブログも使っているオススメのWordPressテーマです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です