【2019進化版】PZX Air-TWS(BE8) Bluetoothイヤホンレビュー。自動ペアリング・IPX6防水対応

Air-TWS(BE8)




「イヤホンのケーブルが…邪魔!」と感じたことありませんか?

私は以前に紹介したiHarbort C3 Bluetoothイヤホンを使っていて、快適に使えることの方が多かったのですが、それでもネックバンド部分が邪魔に感じることが少なからずありました。特にスポーツジムでベンチプレスのように寝る姿勢だったり、汗を拭う時だったり。

iHarbort C3は値段も手頃なので、運動する人におすすめできるBluetoothイヤホンですが、使うシーンによっては、ネックバンド部分がずれたりするんですね。

ケーブルがずれるのなんとかならないかなーと、そんなことを考えながらAmazonを物色していたところ、値段も手頃なオシャレで格好良い完全ワイヤレスイヤホンを見つけちゃたんです。

実際に使ってみたら寝転がってもずれないし、ランニングで体が上下に揺れても一切外れないしで、ケーブルが無いことがこんなにストレスフリーだと改めて思いました。

今回はそんなケーブルが邪魔と一切感じず、付け心地がバッチリなPZX Air-TWS(BE8) Bluetoothイヤホンをご紹介します。

こんな悩みを解決!

  • ケーブルが邪魔…
  • ランニングやスポーツをするとイヤホンがずれる…
  • オシャレで格好良いBluetoothイヤホンが見つからない…

 

スポンサーリンク

PZX Air-TWS(BE8) Bluetoothイヤホンの外観と付属品

PZX Air-TWS(BE8) Bluetoothイヤホンは、完全ワイヤレスイヤホン(左右分離型)です。黒と赤のツートンカラーがオシャレですね。中央の黒いボタンは、ケースの電源をON/OFFすることができます。

完全独立型イヤホン

付属品にはイヤーフックも付いています。イヤーフックとイヤーピースは、イヤホン本体に1セット付いた状態で配送されるので、合計3セットあります。イヤーフックの替えがあるのは嬉しいですね。

付属品

実はポーチも付いています。

ポーチ付き

本体ケースは非常にコンパクトなので持ち運びも楽。

ケースの充電は本体裏面からマイクロUSBで充電します。ケースは急速充電対応し、充電時間は約1時間。

本体ケースはイヤーフックを付けながらでも充電できる形状です。電源ボタンの下に残充電が確認できるLEDランプが4つ(青く光る)。

左右分離型ワイヤレスイヤホン

イヤホンはわずか5.3g。シールが貼られている部分が充電用端子になり、ここがケースと接続されることで充電できます。

イヤーピースを外すと耳にフィットする形なのが分かります。さらにイヤーフックが付いているのでちょっとやそっとの動きじゃ外れません。スポーツ用として作られているのが分かります。

社名ロゴ左側はLEDランプ、右側はマイクが付いています。もちろんLINE通話も取れるし、ノイズキャンセリング機能も付いています。

ポケットにも簡単に入るコンパクトサイズ、いつでもどこでも持ち運べます。

 

PZX Air-TWS(BE8) Bluetoothイヤホンの特徴

ここではPZX Air-TWS(BE8) Bluetoothイヤホンの特徴や、実際に使ってみた感想を書きたいと思います。個人的に思ったことも書いてあるので、参考にしてみてください。

自動ペアリングで手間いらず

1度ペアリングをすると、2回め以降はケースから本体を取り出すだけで自動でスマホとペアリングしてくれます。スマホ側でアプリが待機状態であれば、自動ペアリング→自動再生が成り立ち、いちいちスマホを操作しなくていいので手間が減ります。

IPX6防水対応

スポーツなどで汗をかくシーンで大活躍。ちょっとやそっとの汗や水がかかっても耐性があるので壊れません。ただし、過度の期待は禁物。個人的には、シャワーなどの大量の水を使う場合はIPX7以上のタイプがおすすめ。

片耳/両耳のどちらでも使用可能

集中したいときは両耳で使えば遮音性が高くなり、歩いている時や車を運転している時などのシーンでは片耳で利用する、なんてことが可能です。

まさに、私は車は片耳、それ以外はほとんど両耳を使用しています。また、嬉しいのがどちらか片方をケースに収めると勝手に音楽が止まってくれること。スマホを触らなくてもケースに入れる→音楽が止まる→出社が成り立ちます。すごく楽。

音量調整はスマホから

完全ワイヤレスタイプの音量調整は基本スマホ側から。デメリットと感じる部分でもありますが、音量を変えるタイミングはそこまで多くないため、気にするほどではありません。

音楽再生時間は2〜3時間

説明書にも書いてありますが、再生可能時間は3時間ほど。2週間ちょっと使ってますがこれは正しい数値です。3時間と聞くと短く感じますが、ケースに収納するだけ充電できるので、わざわざケーブルを準備して充電するということは不要です。(もちろんケースの充電がなくなったら充電は必要)

バッテリー切れのアナウンス有り

ペアリング時のアナウンスだけではなく、バッテリーが切れる前にもアナウンスをしてくれます。早めに気付けるのは嬉しい。

操作はイヤホンをタップ

完全ワイヤレスイヤホンは非常にコンパクトなので、基本はボタンが存在しません。再生/停止、受電やSiriはイヤホンをタップするだけでOK。反応(感度)はバッチリなので、逆に反応が良すぎて誤操作してしまうシーンも。

カラーが黒×赤のみ

現時点(2019年5月24日)では、カラーは黒×赤のみ。もう少しカラーバリエーションがあれば良かったのにと思います。個人的には黒×赤は好きなので良いのですが。

まとめ

PZX Air-TWS(BE8) Bluetoothイヤホンをレビューしました。

こんな方におすすめ

  • ケーブルが邪魔と感じる人
  • スポーツや運動をする人
  • オシャレで格好良いBluetoothイヤホンが欲しい人

 

カラーがオシャレだし、とてもスタイリッシュなワイヤレスイヤホン。片耳でも両耳でもシーン毎に変えられる手軽さは有線イヤホンには無いメリットです。

特に外れにくい形状のためスポーツをする人にはおすすめです。自宅でもケーブルを気にせずに家事をやったり寝転がったりできるので、幅広く使えるのは嬉しい。

ネックバンドタイプのスポーツ用ワイヤレスイヤホンはこちらの記事

iHarbort C3 Bluetoothイヤホン

【防水・ハンズフリー】iHarbort C3 Bluetoothイヤホンのレビュー。ランニングや運動におすすめ! ​

2019年4月22日

スポンサーリンク







Air-TWS(BE8)

ブロガー専用テーマ 「STORK」






当ブログも使っているオススメのWordPressテーマです




1 個のコメント

  • Son pocos los días que estoy usando este nuevo set de audífonos y me parece que sí, tiene sus méritos. Muchas gracias a los fabricantes.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です