【宮城】田代島(通称:猫の楽園)で猫と戯れて癒やされよう!

ども、てつ@sdblog35です!

宮城県は石巻にある猫島こと田代島(たしろじま)に行ってきました!

タイトルにあるように猫の楽園と呼ばれるぐらい、猫が多く住みついている島なんです。

詳しい情報は後述しますが、道があるところに猫がいます。どこに行っても猫に会えます。猫神社もあります。

そんな田代島は、東日本大震災の影響で甚大な被害を受けましたが、現在は一部を除いて観光できるようになっています。

では早速、無類の猫好きである家族4人が行った、田代島の軌跡をここに記したいと思います!
現地の方にもいろいろな話を聞けたので記載しますね。

では、レッツ猫ウォッチング!!

※船の時刻や現地の情報は変わる可能性があります。

田代島について

宮城県石巻市に属する離島です。

田代島は漁業と観光業が主な産業になっています。釣りスポットとも知られ、民宿に泊まる人のほとんどが釣り客だそうです。

東北大震災の影響を受けていますが、現在は復旧工事も進み観光客が年々増えているそうです。良かった良かった。

最近は外国人観光客も増えているみたいですよ。現に私が行った時もたくさんの外国人が観光に訪れていました。猫への愛情は万国共通ですね。

田代島への行き方

田代島へは、石巻港から出ている1日3便の船で行き来することができます。

行き方については【宮城】田代島(通称:猫島)への行き方で詳しくご紹介しています。

離島なので、もちろん船で行きます。私が乗ったのはブルーライナー号。

3階建てと言っていいのか分かりませんが2階から乗車し、その2階は屋内で椅子が並んでます。1階は床がカーペットになっているため横になったり寝たりできるので、赤ちゃんや小さいお子さんは1階のほうが安心かもしれません。3階はデッキです。飛んでいるカモメにエサをあげることができるので、子どもも大人も楽しめます。

ちょっと残念だったのが、混んでるデッキで平気でタバコを吸う喫煙者がいたこと。
もちろん灰皿もあるので喫煙できるのは分かりますが、大勢の観光客がいるので田代島までの45分ぐらい我慢して欲しかった。私もタバコを吸いますが、あれは見てて残念でした。

さて、船のデッキは子どもたちが喜びますよね。うちの子は終始デッキで風を浴びてました。せっかくなので動画を撮ってみたので暇な方はご覧ください。

港と島の人口

田代島の港は2つありますが、大泊(おおどまり)港は東日本大震災の復旧工事をしているので寄港できません。

そのため、仁斗田(にとだ)港しか利用できないので注意が必要です。以前は片方の港で下船し、残る片方の港で乗船し石巻に戻る、といった楽しみ方もできたのですが。復旧が待ち遠しいですね。
※寄港できるのはH29年12月ごろを予定しているとのこと

現地の方に聞いたら、現在の人口は50人を下回っているそうです。
※工事の人は含みません

しかし、猫は島民の数を軽く上回ります。出会った数は数えていませんが、歩けば猫、あっちにもこっちにも猫といったぐあいに、至るところにいます。

ちなみに現地の方が教えてくれたのは、ドイツから女性の獣医さんが2ヶ月に1度、猫の検診にやってくるそうです。一人で全ての猫を診るそうですよ。頭が上がりませんよね。島にも、人にも愛されている猫、大切にしていきたいですね。

田代島はこんな感じだよ!

さてさて、早速いきましょうか田代島の紹介を!と言っても日帰りだったので全部周りきれませんでした><
なので、今回は周った場所だけご紹介します。

仁斗田港周辺

船を下りてすぐに、芝生の広場があります。

ここに行くまでに第一島猫を発見することになるでしょう。

東屋やトイレ(もちろん洋式)があるので、座りながら戯れたり休憩しながら戯れたりと、船を下りてから一番最初の猫と遊べるスポットです。
ちなみにトイレは私が確認できたのは3ヶ所(仁斗田港付近のトイレ、島の駅、マンガアイランド)です。

また、船から下りてすぐのところに小屋があります。
その小屋の前に箱があり、島の猫にあげるエサを寄附することができます。お金では寄附できないので、もし寄附したい方はこちらの箱に猫が好きなエサを寄附するといいでしょう。

猫神社

仁斗田港から1.7kmほど歩き、猫神様が祀られている猫神社に行ってきました。

仁斗田港から猫神社までは長い坂が続いているので、意外と時間がかかります。子どもたち、よく歩いた!
※レンタルサイクルもあります

猫神社は小じんまりしていますが、綺麗に掃除もされていました。おそらく地元住民の方が掃除しているのでしょう。ここでも猫への愛情が感じられます。

もちろん賽銭箱もあるので、きちんとお参りしましたよ。

ここにも猫がいます。

さてお参りも終わり猫と戯れたので、次は島の駅に向かいます。

ちなみに猫神社にはサインペンを持って行くといいですよ。サインペンで願い事を書いた石が御神体の前にたくさん置いてありました。もしかしたら願い事が叶うかもしれません。

島の駅

お次は、島の駅です。

島の駅ではお土産はもちろんのこと、ここでしか手に入らない田代島オリジナルグッズがたくさん置いてあります。

そしてご飯も食べれちゃいます。フランクフルト、焼きそば、かき氷やビールまであります。さらに嬉しいのが、自前で持ってきたお弁当なども食べれちゃう。

外にもテーブルと椅子があるので、晴れた日は外でご飯が食べれます。
ただし、テーブルの上に猫が乗ってくるので注意してくださいね。

 

そして、自動販売機もあります。田代島の自動販売機は数が少ないので暑い時期は注意してください。

島の駅はご主人と奥様、そしてスタッフの方が切り盛りされています。

ご主人は漁師をされていたみたいですが、島の駅が忙しく漁にはほとんど出てないとおっしゃってました。

観光客が年々増加し、外国人観光客も増えているとのことです。一番込むのはGWだそうで、夏は暑く猫も外に出たがらないため、春と秋が猫と戯れるには良い時期と親切に教えてくださいました。

それ以外にも、震災の時の話や漁師時代の話、田代島の魅力などたっぷり聞かせてくれる素敵なご主人でした。

奥様も優しい方で、子猫の爪が当たって血が出てしまった娘に対し、消毒液と絆創膏を持ってきてくれました。本当にありがとうございます。

こちらは看板猫の「さばみそ」ちゃんです。スタッフさんの飼い猫だそうです。

さすが看板娘、入り口すぐにあるレジ横に座っています。

私がカメラを向けると、スタッフの方がわざわざ帽子を被せてくれるサービス、皆さん優しい!ありがとうございます!さばみそちゃんもありがとう!

ちなみにさばみそちゃんは、車に乗って散歩に出掛けるのが好きみたいで、お客さんが少なくなるとスタッフさんが散歩に連れて行くそうです。実際に車に乗っているさばみそちゃんを見ましたが、顔を外に出し実に楽しそう。また、驚くことに車に乗って九州まで付いて行っちゃうとか。

せっかくなので、この日届いたばっかりのスタッフさんが買ったおもちゃと戯れる猫ちゃんをご覧ください。

マンガアイランド

ついつい長居をしてしまったので、マンガアイランドは次回におあずけです。

そのマンガアイランドにはロッジもあり泊まれるそうなので、興味のあるかたは石巻市イベント・観光サイトをご覧ください。

田代島ポケットビーチ(海水浴場)

すっかり忘れてた海水浴場。

夏ではなかったので行きませんでしたが、次回は必ず行きたい。

最後に

船に戻るまでもいろいろな猫と出会うことができました。

また、阿部ツ商店は残念ながら2017年6月に閉店したそうです。お店の前にある階段に猫が戯れる姿が有名ですが、見れなくなったのは非常に残念。せっかくなので写真だけ撮ってきました。

その他の情報

トイレは3ヶ所!

確認できたのは、仁斗田港・島の駅・マンガアイランドの3つ。
全て水洗です。

猫のおもちゃを持っていこう!

猫と遊ぶためのおもちゃを持っていくといいかも!
もちろん大人の猫は遊びませんが、小さい猫ちゃんもいるので持っていくといいでしょう。

携帯の電波は問題なし!

auとdocomoに関しては電波があり、通話もデータ通信も問題ありませんでした。
ソフトバンクユーザーがいなかったので分かりませんが、ソフトバンクもおそらく問題ないでしょう。

田代島でのルール!

田代島では以下のルールがあるのでキチンと守りましょう。

田代島のルール

  • 猫に餌をあげない
  • 道路の真ん中で写真を撮らない
  • 民家や私有地に入らない

どうしても猫に餌をあげたくなりますが、島のルールで禁止されています。
また、道路は普通に車が通るので(数は少ないけど)子どもを連れて行くときは充分に注意しましょう。
猫はあちこちにいますが、見つけたからといって私有地には入らないようにしてください。

猫には愛情を!

これが一番大事なことかもしれませんね。
島民の方やボランティアで来てくれている獣医さんもいます。
猫が嫌がることはもちろんしちゃいけませんし、たくさんの愛情で接しましょう!

まとめ

 

私の中では毎年行きたいおでかけスポットのひとつになりました!

次回は少し時期をずらして行こうと思っています。できればロッジに一泊してビーチで日光浴して朝イチで釣りをして(笑)

来年には大泊港に寄港できると思うので、そちらにも足を運びたいし観光客ももっと増えると思います。網地島にも行きたいなぁ。

猫好きにはたまらない猫の楽園こと田代島のご紹介でした。是非、行ってみてください。

番外編

島の駅のヘリポートでかき氷を食べるお姉ちゃん

標識

ネコカレーが食べたいよ。お休み処クロネコ堂

スポンサーリンク







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です